イベント情報

室町時代、疫病退散の祈願として始められた。山口県無形民俗文化財にも指定されています。

島田人形浄瑠璃芝居 2021年8月4日(水)   光市民ホール

夏のイベント

画像:島田人形浄瑠璃芝居

500年の伝統を持つ山口県指定無形民俗文化財

令和3年度 島田人形浄瑠璃芝居は8月4日の1日1演目のみの上演となりました。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今夏の奉納上演を例年の2日4演目ではなく1日1演目として8月4日(水曜日)19時~20時
市民ホール(小ホール)にて行います。


島田人形浄瑠璃芝居は、室町時代に発生した疫病の平癒祈願として祇園社(松浦神社)に詣で奉納したことが始まりとされています。
この日が旧暦6月15日であり毎年奉納上演を実施していました。現在は新暦に改め、毎年8月4日及び5日の2日にわたり奉納上演を実施しています。
※昭和42年に山口県の無形民俗文化財に指定されています。

島田人形浄瑠璃芝居では1体の人形を3人が遣う「三人遣い」となっており、息の合った人形の動きも楽しんで頂けます。

     

◇令和3年 奉納上演◇

開催日  2021年8月4日(水)
開催時間 19:00 – 20:00

開催場所 光市民ホール(小ホール)
入場 無料

演目(外題) 壷坂観音霊験記(つぼさかかんのんれいげんき)

主催:島田人形浄瑠璃芝居保存会
後援:光市教育委員会 公益財団法人光市文化振興財団 島田地区コミュニティ協議会

開催日時 2021年8月4日(水)
場所 光市民ホール
URL https://www.facebook.com/shimata.ningyou/
アクセス JR光駅からバス5分→島田市下車徒歩10分
主催 島田人形浄瑠璃芝居保存会
問い合わせ先 090-3881-9166(島田人形浄瑠璃芝居保存会)

関連スポットのご紹介


最終更新日:2021年07月07日

ページのトップへ