光市の紹介

光市の概要

img_hikaricity

位置

東経131度56分41秒・北緯33度57分31秒
市役所:山口県光市中央6丁目1番1号

こちらの地図を参照してください。

地勢

  • 面積:91.94k㎡
  • 東西:約15km
  • 南北:約161km

光市は、山口県の東南部、周南工業地帯の東部に位置し、瀬戸内海国立公園を一部に含む自然景観の優れた人口約5万5千人の都市です。
市域北西部を島田川が貫流して周防灘に注ぎ、中心地域は河口デルタを形成して、その両端に西日本屈指の海水浴場として知られる室積・虹ヶ浜海水浴場の白砂青松の海岸が広がっています。
気候は温暖な瀬戸内式気候であり、県内で最も暖かく雨の少ない地域です。
このような臨海都市としての自然的地理条件は、市民の良好な居住環境となり、さらには、産業活動を進めていく上でも優れた条件になっています。

沿革

1943年(昭和18年)4月1日、光海軍工廠を中心とする軍都として市制を施行。戦後は武田薬品工業(株)光工場・八幡製鐵(株)(現・新日鐵住金(株))光製鐵所の二大企業を中心とした近代的工業都市として発展してきました。
近年は周防工業団地の造成、ひかりソフトパーク事業の推進など地域経済の活性化を図り、下水道事業や冠山総合公園、虹ヶ丘森ヶ峠線などの幹線整備等の都市基盤整備を進めるとともに、保健・医療・福祉の拠点施設として総合福祉センター「あいぱーく光」を建設するなど、県内有数の住みやすいまちとなっています。


img_hikaricity_access


都市宣言

「おっぱい都市宣言」「自然敬愛都市宣言」「安全・安心都市宣言」の3つの都市宣言を基本としたまちづくりを進めます。
※都市宣言とは、光市のまちづくりの本質である「やさしさ」が明文化され、今後とも変わることのない普遍の理念です。

移住

「おっぱい都市宣言」に基づく、県内トップクラスの温もりある子育て支援
・日照時間が西日本トップクラスの温暖な気候や、白砂青松の室積・虹ケ浜海岸をはじめとした比類なき自然
・2つの総合病院を有するとともに、災害や犯罪の発生率も低い安全で安心な生活
・瀬戸内海ナンバー1の年間日照時間。全国の市町村で17位(※行政データランキング・気象庁メッシュ平年値2010年)

地方への移住に必要な情報を総合的に提供するインターネットサイトの「全国移住ナビ」を啓発するためのキャンペーンとして、平成27年7月から9月までの間において、プロモーション動画コンテストが開催されておりましたが、全国の自治体が制作した動画の中からアクセス数や内容等が審査された結果、本市の『ひかりのまち』が「地方で子育てしたい賞」に選ばれ、総務大臣から表彰されました。

受賞名:「地方で子育てしたい賞
表彰日及び場所:平成27年10月16日(金)  総務省 総務大臣室


「おせっかいな おっぱい都市」

移住プレゼン パンフレット 電子版

本市へ移住した市民との協働による手作りパンフレット

企画の段階から取材、制作、編集にいたるまで、本市へ移住した市民の方々と、3カ月にわたって協働し作成しました。≫≫詳細はコチラ

【光市政策企画部企画調整課】


ページのトップへ