観光ご案内

南奇兵隊(第二奇兵隊)が結成の場

専光寺

観るひかり 室積エリア

南奇兵隊(第二奇兵隊)が結成の場

江戸時代に「安芸厳島の運誉上人」が、慈覚大師作の阿弥陀如来を本尊として建てたもので、総本山は京都知恩院です。
大内時代から、外国使節、及び高官を、すべてこの寺で接待していたところから、「外来館・官の館」などと呼ばれていました。
藩政時代、毛利氏は、渉外館として利用することもあり、幕末諸事件の処理裁判もこの寺で行われました。また「普賢別院」とも呼んでいました。
幕末には、この寺を本拠地として南奇兵隊(第二奇兵隊)が結成されましたが、手狭なため普賢寺へ、そして石城山へと移っていきました。



所在地 〒743-0007 山口県光市室積5丁目7−3
アクセス JR光駅からバスで20分
室積小学校前下車、徒歩5分
URL https://www.hikari-kanko.org/hikari/sightseeing/history/index2.html#18
駐車場
業種 寺院

関連スポットのご紹介


最終更新日:2019年04月16日

ページのトップへ