観光ご案内

御手洗湾、室積湾を包むようにして室積半島の先端からのびる象鼻ヶ岬

象鼻ヶ岬県立室積公園

観るひかり 室積エリア

パノラマビュー

象鼻ヶ岬は周防橋立と呼ばれる景勝地

山陽海路の要津として栄えた御手洗湾、室積湾を包むようにして室積半島の先端からのびる象鼻ヶ岬。
天の橋立になぞらえて周防橋立てとも呼ばれる美しさです。
岬に茂る峨嵋山の暖帯性樹林は、国指定天然記念物として、今も原生林に近い姿を留めている。
また、室積半島は自然環境に恵まれるとともに、古い歴史と町並が残されています。


所在地 山口県光市室積8丁目(駐車場)
アクセス JR山陽本線光駅からバスで22分
「室積公園口」バス停から徒歩で15分
駐車場
業種 県立公園


最終更新日:2016年10月21日

ページのトップへ